新卒の転職はいつ?何年目から?3つの戦略を解説【転職経験者が語る】

転職思考法

  • 新卒っていつから転職してOK?
  • 新卒の人が転職するのは何年目から?
  • どうしたら新卒でも上手に転職できるの?

 

この記事では、上記の質問に回答しつつ、新卒が転職するなら、「いつ」「何年目」がいいのか、ガッツリ解説していきます。

 

オレ
オレ

ちなみに私は、社会人2年9ヶ月目(12月)で、新卒で入った外資系企業を退職しました。

そして、翌1月には転職先を決定。

年収も100万円UPを達成しました。

 

選考を受けた企業は、15社くらいにわたるのですが、そこから得た面接官の体感なども考慮しながら、新卒の転職はいつからならOK、なのか解説していきます。

【まず初めに】転職目的は何か?を明確化

まず、転職目的をきちんと明確化させましょう。

 

  1. 今の会社が嫌で(ブラック企業で)抜け出したい
  2. キャリアアップ・年収UPを達成したい

 

基本的には、この2軸です。

新卒の転職戦略①入社0か月~2年目【第2新卒としてやり直す】

まず、入社して2年満たない場合。

基本的にこれって、「今の会社から抜け出したい」場合が多いでしょう。

この場合は、即その会社を抜け出し、第二新卒としてキャリアを再度構築しましょう。

 

「何年目」とか行っている場合ではありません。

あなたが、その会社で得るものがない、この会社にいたら精神を病む、と思っている場合は、その会社で働く時間が無駄です。

 

  • もう少しいたら別部署に異動できるから頑張ろうかな・・・
  • いや、他の新卒は頑張っているし、自分だけが根性ないな・・・
  • すぐにやめて、転職できるのかな・・

 

こんなことを思うかもしれませんが、大丈夫。

絶対、仕事はあります。

 

少子高齢化の影響で、基本的に今後も「求職者が、企業を選ぶ時代」は続きます。

オレ
オレ

要は、どの企業も人手不足なのです。

 

また、冒頭でも述べた通り、今の転職市場は「第二新卒」を積極的に採用しています。

第二新卒:

一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

新卒者が就職後、数年で離職する割合は年々増加傾向にあります。

厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めていると言われています。

引用:マイナビジョブ20s

 

第二新卒に特化した転職サイトもめちゃくちゃ多いです。

もし、今の会社が「いる価値がない、本当にしんどい」そんな場合は、勇気をもって、とっとと転職活動を進めましょう。

【ただし】戦略的転職には弱い

ただし、理解しておいてほしいのは、相手の会社側からは、そこまでポジティブにはとられないということです。

 

第二新卒は、「新卒よりは社会マナーを知っていて、即自分の会社に染まっていける・育成させていける人材」として獲っています。

なので、基本「即戦力」としては獲っていません。

 

また、やはり今の日本の現状、どうしても入社1年もたたないでやめる人は

「前職で成果を出した」

とは、思ってもらえません。

 

何か、前職にネガティブ要素があったのかな、と考えられます。

そして、転職理由がネガティブなものだと、基本的には、相手の会社は採用を出しづらくなります。

 

うちの会社でも、ネガティブなことがあったら辞めるのかな・・・?

と思うのは、当たり前ですよね。

 

なので、真の転職理由がネガティブなものだとしても、面接ではポジティブな理由を持っていくのが、転職活動の王道なわけです。

ところが、2年以内で離職していると、「絶対、その転職理由、嘘だろ」と思われます。

 

なので、入社1年以内での転職活動に関しては

  • キャリアアップ
  • 年収向上

これらを目的とした、転職はかなり難しいでしょう。

第二新卒で年収をUPするなら「業界を変える」

 

オレ
オレ

しいて言えば、業界をガラっと変えれば、年収向上は見込めるかもしれません。

例えば

サービス業⇒コンサル、人材会社、金融

などは、業界の構造的に年収帯が異なるので、年収UPは見込めるでしょう。

 

その辺は、やはり転職エージェントさんがめちゃくちゃ詳しいので、相談するのがベストです。

新卒の転職戦略②2年目~3年目【選択肢が増える】

社会人になってから、2年経つと、若干見られ方も変われます。

このあたりの層は、

  • 第二新卒としてキャリアをやり直すことも可能
  • 業界・職種経験を生かしてキャリアアップ

この2つの選択肢が可能になってきます。

 

社会人2年以上働いたとて、第二新卒としてキャリアを積み直す場合、これは年収の高い業界に行かない限り、年収は下がると思っていいでしょう。

私は、社会人2年9か月で転職活動をしたので、この層に入ります。

正直、業界・職種を変えることも考えましたが、エージェントさんと話す中でも、また選考を受けている中でも、業界・職種を変えると年収UPはかなり難しく感じました。

オレ
オレ

それなら無理せず、入社2年未満でとっとと業界を変えた方がいいやん、とまで思ってしまいましたね。

同業種・同業種なら「年収UPもかなり狙える」

逆に、同業界もしくは、同業種を選ぶ場合。

あなたの転職スキルが超問われます

 

  • キャリアアップの為の「一貫した」転職理由
  • この転職が「ポジティブな成長」のための転職であること

 

この2つを前面に押し出せていければ、年収UP・キャリアアップの可能性も十分に秘めています。

 

オレ
オレ

現に私も、このパターンで転職を行いました。

3社のエージェントさんを利用して、徹底的に転職のための戦略を構築。

正直、同業界での面接は、全部内定もらえました。

 

これは、私がすごい、というわけでは一切ありません。

 

同業界・同業種はある程度、2年以上働いていると、信頼度が高いんですよ。

だから、しっかり準備して転職活動に臨めば、通りやすいです。

新卒の転職戦略③3年目~【無敵】

新卒から3年以上の経験がある場合は、もういつ転職しても基本OKです。

オレ
オレ

ここまでの経験年数が1社であれば、基本的な第一印象として「仕事が続かないやつ」とは絶対思われません。

 

できれば、この年数まで働いた場合は、第二新卒として違う業界・業種でチャレンジするよりも、今の仕事を生かして転職活動をする方が、かなりキャリアアップは望めます。

自分の市場価値を高める面でも、転職を考えている場合は、ぜひ積極的にエージェントに相談をしてみていいでしょう。

 

私の場合は、

 

オレ
オレ

「今は限定的なマーケットで業務を行っているが、世界をマーケットにした企業で、自分のマネジメント能力を磨いていきたい」

という、転職理由軸で、同業界・同業種の場合は推していきました。

この転職理由に関しては、同業界・同業種でなくても、かなりポジティブにとってくれましたね。

第二新卒として転職なら「急げ」

逆に、ガラッと仕事を変えたい場合は、急いだほうがいいです。

できれば25歳以下で、自分の舵を切ったほうがいいですね。

 

基本的にどの会社でもそうですが、「新人」として獲りたがるのは「若い世代」です。

当たり前ですよね、先が長い若い世代の方がポテンシャル面でも可能性が高いわけですから。

 

オレ
オレ

第二新卒の採用枠として、年齢を区切っている企業もあるので、注意していきましょう。

 

社会人3年目を過ぎた場合は

  • 今の会社で、出世(キャリアアップ)を目指していく
  • 戦略的に転職をして、キャリアアップをしていく
  • 第二新卒でガラッとキャリアを積み直す

この3つの選択肢、どれでも選べる、脂ののった時期です。

 

だからこそ、自分の納得ができる判断をしっかり下してくださいね。

そして、転職に家事w切る場合は、早めに動き出しましょう。

【まとめ】新卒の転職は戦略次第でいつでもOK

以上、まとめたように、ぶっちゃけ新卒で転職はいつからでもOKです。

なぜなら、「第二新卒」という受け皿があるから。

 

しかし、キャリアを見据えた戦略的な転職をしたい場合は、2年以上は働いた方がいいのでは、というのが私の見解です。

 

私も、転職エージェントさんに色々相談を兼ねるうえで、自分の最適解が見えてきました。

皆さんも、色々迷うとは思いますが、まずは行動。

自分にとっての正解を導けるよう、共に頑張っていきましょう!

 

【実際に利用】20代・転職1回目に利用すべき転職エージェント3選
【実際に利用】20代・転職1回目にお勧め・転職エージェント3選 転職エージェントってどこを利用したらいいの? 20代で、転職初めての場合はどうしたらいいんだろう? 実際に利用した転職エージェント...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました