【実際に利用】20代・転職1回目に利用すべき転職エージェント3選

転職エージェント

【実際に利用】20代・転職1回目にお勧め・転職エージェント3選

  • 転職エージェントってどこを利用したらいいの?
  • 20代で、転職初めての場合はどうしたらいいんだろう?
  • 実際に利用した転職エージェントレポートが知りたい!

 

この記事では、上記の質問に回答しつつ、私が25歳、初めての転職活動で利用した転職エージェントを紹介していきます。

オレ
オレ

私は、3社の転職エージェントを利用しました!

 

私は、巷に溢れる、ネットの体験談を引用した転職体験談・お勧めサイトが大嫌いです。

信憑性のあるリアルな情報じゃないからです。

 

勿論、その時あたった担当者さんにも寄ると思います。

しかしこのサイトでは、私が実際に転職活動で利用した転職エージェントさんのみを紹介し、その体験談のみをガッツリ書いていきます。

 

オレ
オレ

ちなみに、私は転職活動をするに際し、転職のプロであるmotoさんの本「転職と副業の掛け算」をめちゃくちゃ参考にしています。

なので、私が行ってきた転職活動は、比較的、王道のコースだと思っております。

実際に、年収100万UPを叶えることができたので、年収ベースUPを目的にしている方も、ぜひ参考にして見てください。

20代転職エージェントオススメ①「dodaエージェント」

転職サイト「doda」のエージェントサービスが、dodaエージェントです。

いわゆる「大量求人紹介型」エージェントで、株式会社パーソルキャリアが運営しており、転職業界の超大手です。

オレ
オレ

後ほど紹介するリクルートエージェントが「犬🐶」なら、dodaエージェントは「猫🐈」のイメージかな。

動物を飼うとなったら、犬か猫が王道ですよね?

そんなイメージですww

オレ
オレ

わかりづらい例え・・・ww

【dodaエージェント】魅力3ポイント

  1. 転職業界の動向、転職活動の流れから丁寧に教えてくれる【初心者向け】
  2. 大量の求人(非公開含め)を保有し、毎日更新してくれる
  3. 受験企業の、選考アドバイスが超具体的

この3点が、dodaエージェントの魅力です。

①転職業界の動向、転職活動の流れから丁寧に教えてくれる【初心者向け】

dodaエージェントさんと、初回面談をした際に、一番感心したのは、転職マーケットの話を詳しくしてくれた店です。

転職活動の進め方、ノウハウを単に説明するだけでなく、今後の転職情勢も含め、最初に詳しく教えてくれたので、仕事ジャンルを選択する上でも非常に参考になりました。

 

オレ
オレ

正直、自分の今の仕事が関わるマーケットしか情報を知らないのが、一般的ですよね。

 

  • 大手のメーカーは、どんどん早期退職を推奨している
  • 人材業界は今後もなくならない分野
  • 未経験の職種は基本年収下がると思った方がいい

 

などなど…、エージェントさんが、あらゆる仕事に精通していることがよくわかり、めちゃくちゃ参考にな3ました。

面接の様子はこちらの記事にも詳細書いています!

dodaエージェント・大阪で初転職面談!詳細を5000文字レポート!
dodaエージェント・大阪で初面談!詳細を20代転職リーマンがレポート! 「dodaエージェントの面談ってどうなの?」 「dodaエージェント、大阪の雰囲気ってどんな感じ?」 「何を...

dodaエージェント・大阪で初転職面談!詳細を5000文字レポート!

ちなみに、キャリアアドバイザーさんとはLINEのシステムで、情報のやりとりができます。

職務経歴書の添削・修正も行ってくれる、きめ細かなサービス。

オレ
オレ

正直、職務経歴書の修正が一番助かりました(笑)

②大量の求人(非公開含め)を保有し、毎日更新してくれる

dodaエージェントが持っている求人の保有数がエグイです(笑)

そして、それをエージェントさんが、新着情報を毎日更新してくれます。

オレ
オレ

特に担当エージェントさんが、自分との面談を経て紹介してくれる求人に関しては、かなり親和性が高く、質のいい求人を出してくれました!

ちなみに、上の写真のように、担当エージェントさんだけでなく、各企業担当のエージェントさんも、新着情報があると求人メールを飛ばしてくれます。

応募初期は非常にありがたいのですが、選考が進むとちょっと億劫になるので、ここに関しては通知をOFFにしてもいいでしょう。

 

オレ
オレ

個人的には、やはり担当エージェントさんの求人紹介が最高でした。(2回目)

担当エージェントさんの場合は、自動で送るわけではなく、ある程度自分の目で選別してくれていたため、自分の希望との合致性が非常に高かったのでしょう。

③受験企業の、選考アドバイスが超具体的

書類選考が通った後には、このような「選考対策メール」が届きます。

これ、めちゃめちゃ神😿

 

各企業ごとに、このメールは勿論違います。

各企業の担当者さんが、これまでの転職活動者や、企業とのヒアリングで得た情報を基に、このように対策メールを送ってくれるのです。

オレ
オレ

これを見て、しっかり面接準備を行っておけば、ほぼ無敵状態だったので、本当に助かりました。

20代転職エージェントオススメ②「リクルートエージェント」

リクルートが行っているエージェントサービスが、「リクルートエージェント」です。

リクナビNEXT にアクセスして、「エージェントサービス」を選択すると、無料で入ることができます。

オレ
オレ

「転職≒リクルートエージェント」

と、思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

 

業界大手ですね。

dodaエージェントと併せて、持っている求人数はとにかく多い。

dodaで提案されていない求人も多々あるので、基本的には登録しておいて損はないエージェントだと感じました。

【リクルートエージェント】3つの魅力

①最大手ならではの安心感

②程よいサポートでウザさが少ない(笑)


③目新しい求人が多い

 

この3点が、私がリクルートエージェントを利用して感じた3つのメリットです。

①最大手ならではの安心感

リクルートエージェントを利用していた時の安心感はやはり非常に大きかったですね。

 

システム的な面でも、クオリティがすごい。

「PERSONAL DESKTOP」という、自分だけの転職活動サイトを用意してくれます。

 

応募や、転職活動の進捗もこの画面(スマホアプリもあります)で、パッと分かる。

やはり提供しているサービスの質は、こういった部分からも高いと感じ、とても信頼できる企業だなと感じておりました。

リクルートエージェント・大阪で転職面談!内容をたっぷり解説!
リクルートエージェント・大阪で転職面談!内容をたっぷり解説! この記事では、以下の疑問について解説していきます! 「リクルートエージェントって実際のところどうなの?」 「リクルートエージェント・...

リクルートエージェント・大阪で転職面談!内容をたっぷり解説!

②程よいサポートでウザさが少ない(笑)

リクルートエージェントさんは、「半自立型のエージェント」だと強く思いました。

半自立型??どういうこと??

オレ
オレ

べったりサポートではなく、あくまでフォローみたいなイメージ??かな!

まず、リクルートエージェントは、基本面談が1回までとなっています。

 

これは、大手ということで沢山の求職者を相手にしているという時間的制約もあります。

また、私たちの貴重な時間を奪いたくない、という考えもあるのでしょう。

 

一方、dodaエージェントはガンガン、アポを取ってサポートしてくれます(笑)

  • 担当エージェントさんの面談練習
  • 選考企業担当さんの、各企業向け面談練習
  • 職務経歴書の修正

など…複数回の来社、電話対策などを、アプローチしてくれるわけです。

(勿論、断るのも自由ですよ!)

 

リクルートエージェントさんは、面談対策にしても、パンフレットの配布程度のみで終了。

 

自分に自信があったり、自分のペースでのらりくらり進めていきたい人には、干渉が少なめな点は、かなりありがたいでしょう。

 

オレ
オレ

dodaエージェントは、自分たちが絶対この求職者を内定させる!!という強い意志・熱い思い(≒営業力)を感じました(笑)

オレ
オレ

リクルートエージェントは、穏やかなフォロー、みたいなイメージを持ちましたね!

③目新しい求人が多い

リクルートエージェントの求人は、dodaエージェントで見たことのなかった、求人が多くありました。

オレ
オレ

もしかしたら、単にdodaエージェントで提案されなかったからかもしれませんが、体感としては、やはりリクルートエージェントの方が多い印象ですね。

 

求人にあまりお金を出せない企業は、リクルートエージェント、もしくはdodaエージェント、どちらかのみに求人を出す、ということもあるのでしょう。

勿論、これはdodaエージェントが保有していて、リクルートエージェントが保有していない求人も勿論あると思います。

 

なので、基本dodaエージェントとリクルートエージェントを登録しておけば、大抵の求人はカバーできると考えます。

転職初心者はとにかく視野をまずは広げることが大事なので、この2社は利用しておくといいでしょう。

 

リクルートエージェント 公式サイト

20代転職エージェントオススメ③「WORKPORT」

最後に紹介するのは、WORKPORT

この転職エージェント、知らない方がほとんどではないでしょうか?

オレ
オレ

俺も、最初全く知らなかった!

リクルートエージェントや、dodaエージェントと比較すると、知名度は低いですが、この転職エージェントさん、かなり質がいいです。

中小規模ならではの、小回りの利き方が半端ない。

 

ガンガン、年収UP交渉してくれます。

そう、私の転職活動の成功は、WORKPORTの求人と、年収UP交渉によるものなのです。

【WORKPORT】3つの魅力

1.各企業とのコネクションが強い

2.「志向」に合った求人を的確に提案

3.年収UP交渉力

私が感じた、WORKPORTの魅力は、この3つに集約されます。

①各企業とのコネクションが強い

WORKPORTは、各企業の人事と密に繋がっている印象を受けました。

dodaエージェントや、リクルートエージェントと比較して、やはり求人の保有数は少ないでしょう。

 

dodaとリクルートが「広く浅く」なら、WORKPORTは「狭く深く」みたいなイメージです。

 

逆にいえばリクルート・dodaが持っていない求人やポストも、あったりします。

私が、内定を決めたポジションは、その企業の人事が

「WORKPORTさん、このポストは、本当にレベルの高いと感じた人しか紹介しなくて大丈夫です」

と、話していた求人だったみたいです。

オレ
オレ

こんな、エピソードを聞くと、やはり関係性濃いな~!!と思いましたね。

勿論、この話だけでなく、各企業の面接アドバイスも、電話で行ってくれました。

その際も、

  • 人事の○○部長が出てくる可能性があります。この人、顔は怖いんですが、絶対目を離さないでください。なぜなら・・・
  • ぶっちゃけた転職理由って「年収UPですか?」そしたら、この企業の場合は、それをぶつけちゃってOKです。むしろ、そっちの方が好かれます

など・・・

超具体的なアドバイスを行ってくれたんですよね。

 

ここは、WORKPORTの強みなのではないかと、とても感じました。

②「志向」に合った求人を的確に提案

転職エージェントは何で利益を出しているかというと、私たちを内定させることで、企業からフィーを貰っているわけです。

 

そうなった際に、ぶっちゃけリクルートやdodaは、営業かけなくてもバンバン求職者が集まります。

一方、WORKPORTは、集客力は弱いわけではないものの、リクルート・dodaに比べたら劣るのは、なんとなく分かりますよね。

 

つまり、「私」を逃しても最悪、他が沢山いる大手と、「私」を逃したくないWORKPORT。

「私」にかける思いが必然的に強くなります。

オレ
オレ

…と、思っております(笑)

ということで、WORKPORTの求人の質は、かなり高い。

 

具体的にいうと、私の条件は、年収UP。

dodaエージェント・リクルートエージェントは幅広くは出してくれましたが、年収DOWNの求人も多数ありました。

 

一方、WORKPORT

年収DOWNの会社の求人は、基本的に提案がなかったです。

 

その徹底ぶりは、さすがだと感じましたし、自分の希望をしっかり聞いて反映してくれているんだな、と強く思いましたね。

 

③年収UP交渉力

WORKPORTのエージェントは、年収交渉を非常にアグレッシブにやってくださりました。

 

まずは、私の希望年収を聞く

企業との選考の中でのオファー年収を聞く

私にヒアリング

それを元に、再度企業側へアタック

 

こんな感じで、企業と私の間に入ってやり取りをしてくれます。

 

具体的には、企業さんにこんなアプローチをかけてくれているそうです。

面談担当
面談担当

確実に内定欲しいのであれば、500万であれば決定してくれると思います。

面談担当
面談担当

他社2社と悩んでいて、そこの提示が480万らしいんですよね。他社はそこが限界なので、500万で堅いと思います。

面談担当
面談担当

志望度は御社が1位なのですが、年収だけがネックみたいなんですよ。

すげえ!!!

まぁ、これは勿論、自分がしっかり企業側に「欲しい人材」と思われて初めて、意味を成す交渉ではあります。

しかし、この交渉を間に入って行ってくれるので、とても心強いのは事実でした。

【まとめ】20代・転職1回目にお勧め・転職エージェント3選

以上が、私が心からお勧めする転職エージェント3選です。

特に20代で、転職1回目の方には、BESTだと感じます。

 

一つ言えるのは、エージェントは複数利用したほうがいいということですね。

1社だと、担当エージェントさんとの相性や、幅広い求人が見れない可能性が高いからです。

 

また、1社だけだと、転職エージェントの言うがままに動いてしまう可能性があります。

あくまで私たちが「転職エージェントを利用する」、このくらいの気持ちで、主体的に動けるといいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました